\URLをコピー/

\シェア/

卒業
体外・顕微授精
#38歳 #東京都
投稿: 2022/04/17   更新: 2022/04/30
【絞込み検索】

東京HARTクリニックのレポコ(9件)を以下条件で絞込み検索

※ CL = クリニック(Clinic)


※ CL = クリニック(Clinic)

東京HARTクリニックでの

1人目治療 概要

38歳

本人

34歳
2021年
CL卒業
38歳
34歳

パートナー

2021年 CL卒業
ステータス : 出産
AMH : 不明
採卵 : 3回  / 5回
移植 : 4回  / 5回
費用 : 350万円未満
通院期間 : 〜2年
何院目 : 2院目
何人目治療 1人目治療
通院終了年齢 38歳 (2021年卒業)
パートナー 34歳
(妊活は 34歳 から開始)
(高度治療は 36歳 から開始)
通院期間 〜2年
受精方法 スプリット(体外・顕微両方)
顕微授精の種類 ICSI
移植胚  凍結胚 6日目 胚盤胞  6 BA
費用

350万円未満

採卵: 70万円未満  /回あたり )

移植: 20万円未満 /回あたり )

採卵・移植 情報

出産に至った  東京HARTクリニックでの採卵 ・ 移植 情報。

採卵個数 :
9個  内 M2(成熟)卵子 6個
受精個数 :
3個
移植可能胚 :
2個
 移植個数 :
1個

東京HARTクリニックで受けた

検査

AMH
AMH 不明
精液検査

精液検査結果

WHOの基準値との比較

未満

精液量

1.4ml

以上

未満

精子濃度

1,600万/ml

以上

未満

総精子数

3,900万/ml

以上

未満

運動率

42%

以上

未満

前進運動率

30%

以上

未満

生存率

54%

以上

未満

正常形態率

4%

以上

オプション検査
子宮鏡検査
子宮内膜日付診
慢性子宮内膜炎
(CD138/BCE)

他院・前院で実施した

検査結果の再利用
検査結果の再利用 再利用できなかった

東京HARTクリニックでの

採卵・受精・培養・胚

東京HARTクリニックでの

6日目胚盤胞  6BA 凍結胚移植

東京HARTクリニックでかかった

費用

治療費総額 350万円未満
1回あたりの採卵費用 70万円未満
1回あたりの移植費用 20万円未満
治療費用メモ 初回限定で33万で採卵・顕微・胚盤胞培養・1容器(基本的に受精卵2個迄)分1年間凍結保管・新鮮胚移植することができる。
薬剤や凍結用2容器目以降の費用はかかるが、成功報酬費用は発生しない。

採卵は顕微だったので、胚盤胞凍結までの費用になると1周期80万未満程度。
移植は自然周期だったので、1周期20万未満程度だった。

みそ子さんの

基本情報

※ 東京HARTクリニック での治療当時の情報

性別 女性
ステータス 出産
住まい  東京都     非公開 (市区町村)
※ (住まい or 職場から) 東京HARTクリニック(港区)までのアクセス  約 1時間圏内
仕事

※ 東京HARTクリニック での治療当時の情報

治療開始時の働き方  常勤職員・従業員
治療中の働き方の変化 変わらず

治療歴

人工授精
回数 7回

※東京HARTクリニック以外での実施も含む。

全採卵回数
回数 5回

※東京HARTクリニック以外での採卵も含む。

全移植回数
回数 5回

※東京HARTクリニック以外での移植も含む。

費用総額
治療費総額 500万円未満

※東京HARTクリニック以外の治療費含む。

みそ子さんの

これまでの転院歴

転院歴と転院理由
何院目  東京HARTクリニックは
2院目
( 臼井医院   →  東京HARTクリニック  )
は不妊治療専門CL
東京HARTクリニックを選んだ理由
  • ・  自宅からの通いやすさ
  • ・  職場からの通いやすさ
  • ・  信頼する医師がいたから

様々な情報を発信をしていた小柳医師に惹かれて決めた。

前院を転出した理由
  • ・  培養結果が良くなかったから
  • ・  移植結果が良くなかったから
  • ・  治療方針(刺激法等)を変えたかったから
  • ・  治療に関する説明が少ないから
  • ・  医師と相性が合わなかったから
  • ・  スタッフと相性が合わなかったから
  • ・  医療体制に不安があったから
  • ・  プライバシーへの配慮に乏しかったから

・医師がいわゆる塩対応。
・他者の電子カルテが表示されたまま診察室に通されたことがあった。
・薬剤そのものの性質による使い分けがされていなかった(フェリングとゴナールの使い分けは通院注射か自己注射かの違い)。
・子宮鏡検査は都外の院長友人医師の産院で行う必要があり、検査機関を選べなかった。
各種不満が募り、アンタゴニスト採卵全滅を機に転院。

みそ子さんの

不妊原因

女性

子宮筋腫を手術で摘出しているが、着床に影響がある筋腫ではなかったため、加齢以外の原因は不明。
多発性筋腫による妊娠時のハイリスク化を避けるため、摘出手術が移植の条件だった。

なお不妊家系のひとりっ子であり、実両親、父方親族の叔母夫婦、その息子の従兄妹夫婦も不妊に悩まされていた。
最終的に両親と叔母夫婦は子を1人ずつ設けているため、岡院長より遺伝子検査は不要と言われ検査は未実施。

男性
(男性不妊有無)
あり
( 顕微授精レベル )

エス・セットにて精索静脈瘤左右手術済み。
運動率や奇形率は改善したが、全てふりかけにできるほど改善はせず、顕微受精が必須だった。

なお、義両親も不妊治療当事者であり、義父は夫と同じく精索静脈瘤だった。

不育症
不育症診断の有無 あり
不育原因
不育症治療について

杉ウイメンズクリニックに通院。
不育症独自の検査項目には引っ掛からなかったが、APTTが基準値外だったためバイアスピリン処方。

東京HARTクリニックの

基本情報

医療機関 東京HARTクリニック
電話    03-5766-3660
住所 〒107 - 0062 東京都港区
南青山5-4-19
ジ・アッパーレジデンシィーズ・ミナミアオヤマ1F
備考

東京HARTクリニックの

通院回数・決済 他

 みそ子さんから寄せられた 東京HARTクリニック の 2021年時点での 情報
通院回数
※「出産」に至った周期における通院回数
採卵周期通院回数 1〜3回
移植周期通院回数 6回以上
  採卵 :  高刺激(内服+注射4回以上)
  移植 :  凍結胚  その他
決済方法
クレジットカード 不可

その他
平均待ち時間 〜1時間

東京HARTクリニックへの

みそ子さんのレビュー
満足度 評価
※ みそ子さんによる満足度評価 (5段階)
医師 :     
スタッフ :     
技術 :     
価格 :     
待ち時間 :    
院内環境 :    
備考 : フリーWiFi あり
待ち時間中の外出可能(条件/制限あり)
・ クレジットカード: 不可
      4.7

※ グラフが表示されない場合はリロードして下さい。

医師          
スタッフ          
技術          
価格          
待ち時間              
院内環境              
備考

 フリーWiFi あり

 待ち時間中の外出可能(条件/制限あり)

 クレジットカードは 不可

  レビュー
◆総評
価格は都内CLでも比較的高額だが、その分医師やスタッフの対応が丁重。CL関係者への不満はなかった。
また新しい技術の導入にも積極的で、技術やサービスへの対価としては納得している。

◆難点
血液検査が外部委託なので、結果が出るまで時間がかかること。妊娠判定の際は、採血と結果確認のため2回通院する必要がある。
またクレカ不可かつ、採卵・移植費は銀行振込が必要。

◆流産手術
稽留流産手術を行う場合について補足します。

・基本的に自動吸引
・手術日以降経過観察なし ※
・初回流産時の絨毛染色体検査は自ら希望する必要あり
・不育CLについて相談した場合は杉WCを紹介される

※経過観察がなかったため、子宮に内容物が残っていることに気づかずhCGが下がらなかった。
後に収縮剤を服薬して自然排出したが、1ヶ月以上ロスしたので、必要に応じて診察を希望するのもあり。

※ みそ子 さんの治療当時の情報です。最新の情報は直接クリニックに確認して下さい。

東京HARTクリニックでの

治療データ分析

 みそ子さんの 東京HARTクリニック での治療データ分析
情報

※ 現ステータス: 「出産」 に至った1人目治療の最新周期における以下情報をもとに算出しています。

ステータス :
出産
受精方法 :
スプリット(体外・顕微両方)  (ICSI)
移植胚 :
6日目胚盤胞 6BA (凍結胚)
採卵個数 :
9個  内 M2(成熟)卵子 6個
受精個数 :
3個
移植可能胚 :
2個
 移植個数 :
1個
 貯卵数 :
4個

以下は上記情報をもとに算出。

受精率 50.00%
= 受精個数 3個 ÷ M2(成熟)卵子 6個
移植可能胚到達率(対 採卵数) 22.22%
= 移植可能胚 2個 ÷ 採卵個数 9個
移植可能胚到達率(対 受精個数) 66.67%
= 移植可能胚 2個 ÷ 受精個数 3個
胚盤胞到達率(対 採卵数) 22.22%
= 胚盤胞 2個 ÷ 採卵個数 9個 
胚盤胞到達率(対 受精個数) 66.67%
= 胚盤胞 2個 ÷ 受精個数 3個 
胚盤胞到達率(対 移植可能胚数) 100.00%
= 胚盤胞 2個 ÷ 移植可能胚数 2個 

不妊2世代目の不妊治療

不妊2世代目の不妊治療
◆夫婦の不妊・治療傾向
◇家系
妻:両親が2人目不妊。父方に複数の不妊カップルあり。
夫:両親が不妊治療当事者で、父親と息子は共に精索静脈瘤。

◇採卵
・高刺激で10個前後
・胚盤胞到達率2割程度
・良好胚がなかなかできない

◇移植
・全て自然周期
・着床率は8割

◆仕事と治療の両立
不妊治療特化ではないものの、勤務先の福利厚生及び所属部署の方針、人間関係に恵まれて、仕事との両立に苦労することはなかった。運が良かったの一言に尽きる。

・月締のフレックス勤務
・月1任意の日程で半休取得が義務
・年間指定回数以上の有休消化が義務
・所属部署は通院や病児看護、介護付添など、男女問わず急な有休取得に寛容
【レビュー】

◆総評
価格は都内CLでも比較的高額だが、その分医師やスタッフの対応が丁重。CL関係者への不満はなかった。
また新しい技術の導入にも積極的で、技術やサービスへの対価としては納得している。

◆難点
血液検査が外部委託なので、結果が出るまで時間がかかること。妊娠判定の際は、採血と結果確認のため2回通院する必要がある。
またクレカ不可かつ、採卵・移植費は銀行振込が必要。

◆流産手術
稽留流産手術を行う場合について補足します。

・基本的に自動吸引
・手術日以降経過観察なし ※
・初回流産時の絨毛染色体検査は自ら希望する必要あり
・不育CLについて相談した場合は杉WCを紹介される

※経過観察がなかったため、子宮に内容物が残っていることに気づかずhCGが下がらなかった。
後に収縮剤を服薬して自然排出したが、1ヶ月以上ロスしたので、必要に応じて診察を希望するのもあり。

【前院を転出した理由】
  • ・  培養結果が良くなかったから
  • ・  移植結果が良くなかったから
  • ・  治療方針(刺激法等)を変えたかったから
  • ・  治療に関する説明が少ないから
  • ・  医師と相性が合わなかったから
  • ・  スタッフと相性が合わなかったから
  • ・  医療体制に不安があったから
  • ・  プライバシーへの配慮に乏しかったから

・医師がいわゆる塩対応。
・他者の電子カルテが表示されたまま診察室に通されたことがあった。
・薬剤そのものの性質による使い分けがされていなかった(フェリングとゴナールの使い分けは通院注射か自己注射かの違い)。
・子宮鏡検査は都外の院長友人医師の産院で行う必要があり、検査機関を選べなかった。
各種不満が募り、アンタゴニスト採卵全滅を機に転院。

【東京HARTクリニックを選んだ理由】
  • ・  自宅からの通いやすさ
  • ・  職場からの通いやすさ
  • ・  信頼する医師がいたから

様々な情報を発信をしていた小柳医師に惹かれて決めた。

【女性側の不妊原因について】

子宮筋腫を手術で摘出しているが、着床に影響がある筋腫ではなかったため、加齢以外の原因は不明。
多発性筋腫による妊娠時のハイリスク化を避けるため、摘出手術が移植の条件だった。

なお不妊家系のひとりっ子であり、実両親、父方親族の叔母夫婦、その息子の従兄妹夫婦も不妊に悩まされていた。
最終的に両親と叔母夫婦は子を1人ずつ設けているため、岡院長より遺伝子検査は不要と言われ検査は未実施。

【男性側の不妊原因について】

エス・セットにて精索静脈瘤左右手術済み。
運動率や奇形率は改善したが、全てふりかけにできるほど改善はせず、顕微受精が必須だった。

なお、義両親も不妊治療当事者であり、義父は夫と同じく精索静脈瘤だった。

【不育原因について】

杉ウイメンズクリニックに通院。
不育症独自の検査項目には引っ掛からなかったが、APTTが基準値外だったためバイアスピリン処方。

【他院での検査結果の再利用】
  • 再利用できなかった
【採卵メモ】

ショート法×スプリット、培養D3に透明体に穴を開ける処置を行いフラグメントを排出、6日目に6BAと3BB凍結。
ショート法は医師提案、スプリットは精子の数値良好を前提に私自身が希望、培養D3透明体一部除去はCLの事後報告。
ショート法はD3から点鼻開始なので他院ではウルトラショートと呼ばれるタイプと思われる。
ふりかけ4個分は3個が未成熟だったこともあり受精せず。
透明体一部除去は当時CLで導入を開始した技術で、ミオファシリティの透明体除去培養のマイルド版(一部除去のみ)とのこと。凍結確認時の事後報告なのでオプション費は発生しないが、患者がリクエストして対応して貰えるかは不明。

【移植メモ】

擬閉経療法+自然周期にて移植したため、通院回数及び移植までの日数が長い。
卵巣嚢腫の疑いがあるため、3週間点鼻で擬閉経状態にし、その後自然周期にて排卵後11mm内膜に移植。
オプションで移植前子宮内hCG注入。
移植担当医の指名ができた。

【費用について】
費用総額 :    350万円未満
採卵費用 :    70万円未満 / 回
移植費用 :    20万円未満 / 回

初回限定で33万で採卵・顕微・胚盤胞培養・1容器(基本的に受精卵2個迄)分1年間凍結保管・新鮮胚移植することができる。
薬剤や凍結用2容器目以降の費用はかかるが、成功報酬費用は発生しない。

採卵は顕微だったので、胚盤胞凍結までの費用になると1周期80万未満程度。
移植は自然周期だったので、1周期20万未満程度だった。

このレポコは参考になりましたか?

このレポコは参考になりましたか?

みそ子 さんの  東京HARTクリニック
での 治療情報 一括表示

治療

    
概要
ステータス 出産
何人目治療 1人目治療
通院終了年齢 38歳 (2021年卒業)
パートナー 34歳
(妊活は 34歳 から開始)
(高度治療は 36歳 から開始)
通院期間 〜2年
受精方法 スプリット(体外・顕微両方)
顕微授精の種類 ICSI
移植胚  凍結胚 6日目 胚盤胞  6 BA
費用 350万円未満

採卵: 70万円未満 /回あたり )

移植: 20万円未満 /回あたり )

治療

    
検査
AMH 不明
他院での検査結果の再利用 再利用できなかった
子宮鏡検査
【オプション検査】
子宮内膜日付診
【オプション検査】
慢性子宮内膜炎
(CD138/BCE)
【オプション検査】

治療

    
精液検査

WHOの基準値との比較

未満

精液量

1.4ml

以上

未満

精子濃度

1,600万/ml

以上

未満

総精子数

3,900万/ml

以上

未満

運動率

42%

以上

未満

前進運動率

30%

以上

未満

生存率

54%

以上

未満

正常形態率

4%

以上

治療

    
採卵
採卵回数 3回  / 5回
採卵時年齢 38歳
誘発タイプ 高刺激(内服+注射4回以上)
麻酔有無と種類 全身麻酔(静脈麻酔)
麻酔の選択 選択できた
採精 「院外」採取のみ
採卵個数

9個

 M2(成熟卵):  6個

 M1(未熟卵):  3個

採卵日とホルモン値
Day : 14
E2 : 未回答
FSH : 未回答
LH : 未回答
P4 : 未回答
採卵日
Day E2 FSH LH P4
D14 未回答 未回答 未回答 未回答
受精個数

3個  ( 9個採卵 )

移植可能胚数

2個

 凍結胚 2個

  • 胚盤胞2個
胚のステージ 胚盤胞
胚盤胞のグレード 6 (孵化後胚盤胞)
胚盤胞の評価 BA
胚盤胞の培養日数 6日目
通院回数 1〜3回
採卵メモ

ショート法×スプリット、培養D3に透明体に穴を開ける処置を行いフラグメントを排出、6日目に6BAと3BB凍結。
ショート法は医師提案、スプリットは精子の数値良好を前提に私自身が希望、培養D3透明体一部除去はCLの事後報告。
ショート法はD3から点鼻開始なので他院ではウルトラショートと呼ばれるタイプと思われる。
ふりかけ4個分は3個が未成熟だったこともあり受精せず。
透明体一部除去は当時CLで導入を開始した技術で、ミオファシリティの透明体除去培養のマイルド版(一部除去のみ)とのこと。凍結確認時の事後報告なのでオプション費は発生しないが、患者がリクエストして対応して貰えるかは不明。

治療

    
移植
移植回数 4回  / 5回
移植時年齢 38歳
移植胚個数 1個
移植胚  凍結胚 6日目 胚盤胞  6 BA
移植タイプ その他
移植オプション
  • ・  hCG注射
黄体補充
  • ・  内服
  • ・  経膣
貯卵数 4個
通院回数 6回以上
移植メモ

擬閉経療法+自然周期にて移植したため、通院回数及び移植までの日数が長い。
卵巣嚢腫の疑いがあるため、3週間点鼻で擬閉経状態にし、その後自然周期にて排卵後11mm内膜に移植。
オプションで移植前子宮内hCG注入。
移植担当医の指名ができた。

治療

    
費用
治療費総額 350万円未満
1回あたりの採卵費用 70万円未満
1回あたりの移植費用 20万円未満
治療費用メモ 初回限定で33万で採卵・顕微・胚盤胞培養・1容器(基本的に受精卵2個迄)分1年間凍結保管・新鮮胚移植することができる。
薬剤や凍結用2容器目以降の費用はかかるが、成功報酬費用は発生しない。

採卵は顕微だったので、胚盤胞凍結までの費用になると1周期80万未満程度。
移植は自然周期だったので、1周期20万未満程度だった。

ユーザー

    
基本情報
性別 女性
ステータス 出産
住まい  東京都     非公開 (市区町村)
※ (住まい or 職場から) 東京HARTクリニック(港区)までのアクセス  約 1時間圏内
治療開始時の働き方  常勤職員・従業員
治療中の働き方の変化  変わらず
人工授精実施回数(他院での実施数含む) 7回

※東京HARTクリニック以外での実施も含む。

全採卵回数(他院での実施数含む) 5回

※東京HARTクリニック以外での採卵も含む。

全移植回数(他院での実施数含む) 5回

※東京HARTクリニック以外での移植も含む。

治療費総額(他院での治療費も含む) 500万円未満

※東京HARTクリニック以外の治療費含む。

ユーザー

    
転院歴
東京HARTクリニックは何院目  東京HARTクリニックは
2院目
( 臼井医院   →  東京HARTクリニック  )
は不妊治療専門CL
東京HARTクリニックを選んだ理由
  • ・  自宅からの通いやすさ
  • ・  職場からの通いやすさ
  • ・  信頼する医師がいたから

様々な情報を発信をしていた小柳医師に惹かれて決めた。

前院を転出した理由
  • ・  培養結果が良くなかったから
  • ・  移植結果が良くなかったから
  • ・  治療方針(刺激法等)を変えたかったから
  • ・  治療に関する説明が少ないから
  • ・  医師と相性が合わなかったから
  • ・  スタッフと相性が合わなかったから
  • ・  医療体制に不安があったから
  • ・  プライバシーへの配慮に乏しかったから

・医師がいわゆる塩対応。
・他者の電子カルテが表示されたまま診察室に通されたことがあった。
・薬剤そのものの性質による使い分けがされていなかった(フェリングとゴナールの使い分けは通院注射か自己注射かの違い)。
・子宮鏡検査は都外の院長友人医師の産院で行う必要があり、検査機関を選べなかった。
各種不満が募り、アンタゴニスト採卵全滅を機に転院。

ユーザー

    
不妊原因
女性

子宮筋腫を手術で摘出しているが、着床に影響がある筋腫ではなかったため、加齢以外の原因は不明。
多発性筋腫による妊娠時のハイリスク化を避けるため、摘出手術が移植の条件だった。

なお不妊家系のひとりっ子であり、実両親、父方親族の叔母夫婦、その息子の従兄妹夫婦も不妊に悩まされていた。
最終的に両親と叔母夫婦は子を1人ずつ設けているため、岡院長より遺伝子検査は不要と言われ検査は未実施。

男性
(男性不妊有無)
あり
( 顕微授精レベル )

エス・セットにて精索静脈瘤左右手術済み。
運動率や奇形率は改善したが、全てふりかけにできるほど改善はせず、顕微受精が必須だった。

なお、義両親も不妊治療当事者であり、義父は夫と同じく精索静脈瘤だった。

不育症 あり
不育原因
不育症治療について

杉ウイメンズクリニックに通院。
不育症独自の検査項目には引っ掛からなかったが、APTTが基準値外だったためバイアスピリン処方。

クリニック

    
通院回数・予約方法など
採卵周期通院回数 1〜3回
移植周期通院回数 6回以上
クレジットカード 不可
平均待ち時間 〜1時間

クリニック

    
レビュー
 みそ子さんによる満足度評価 (5段階)

満足度 評価
      4.7

※ グラフが表示されない場合はリロードして下さい。

医師          
スタッフ          
技術          
価格          
待ち時間              
院内環境              
備考  フリーWiFi あり
 待ち時間中の外出可能(条件/制限あり)
 クレジットカード: 不可
  レビュー
◆総評
価格は都内CLでも比較的高額だが、その分医師やスタッフの対応が丁重。CL関係者への不満はなかった。
また新しい技術の導入にも積極的で、技術やサービスへの対価としては納得している。

◆難点
血液検査が外部委託なので、結果が出るまで時間がかかること。妊娠判定の際は、採血と結果確認のため2回通院する必要がある。
またクレカ不可かつ、採卵・移植費は銀行振込が必要。

◆流産手術
稽留流産手術を行う場合について補足します。

・基本的に自動吸引
・手術日以降経過観察なし ※
・初回流産時の絨毛染色体検査は自ら希望する必要あり
・不育CLについて相談した場合は杉WCを紹介される

※経過観察がなかったため、子宮に内容物が残っていることに気づかずhCGが下がらなかった。
後に収縮剤を服薬して自然排出したが、1ヶ月以上ロスしたので、必要に応じて診察を希望するのもあり。

※ みそ子 さんの治療当時の情報です。最新の情報は直接クリニックに確認して下さい。

東京HARTクリニック の基本情報
電話    03-5766-3660
住所 〒107 - - 0062 東京都港区
南青山5-4-19
ジ・アッパーレジデンシィーズ・ミナミアオヤマ1F
備考

分析

    
データ分析
受精率 50.00%
= 受精個数 3個 ÷ M2(成熟)卵子 6個
移植可能胚到達率(対 採卵数) 22.22%
= 移植可能胚 2個 ÷ 採卵個数 9個
移植可能胚到達率(対 受精個数) 66.67%
= 移植可能胚 2個 ÷ 受精個数 3個
胚盤胞到達率(対 採卵数) 22.22%
= 胚盤胞 2個 ÷ 採卵個数 9個 
胚盤胞到達率(対 受精個数) 66.67%
= 胚盤胞 2個 ÷ 受精個数 3個 
胚盤胞到達率(対 移植可能胚数) 100.00%
= 胚盤胞 2個 ÷ 移植可能胚数 2個 

\   Copy !  /

\ 最新レポコを配信中 /

レポコをはじめ、不妊不育治療情報をお届けします↓